神経症から発症する症状

目頭を押さえる男性

軽症でもつらいものです

うつ病の中にもいろいろとありまして、その中でも多くの人がなってしまっている抑うつ神経症という病気があります。この病気は90パーセントが何らかの神経症を患っていることがあり、心気症、脅迫障害、不安感情、離人症などほかにもいろんな神経症がありますが、このようなものから抑うつ症状につながってしまうケースがあるのです。最近ではいろんな神経症からの研究が進められており、病気ではないといわれているものでも抑うつ神経症となることもあるため、精神科や心療内科で診てもらえるようになってきています。神経症から抑うつ神経症となってしまうその症状はどのようなものか、気落ちしたり食欲低下、不眠、知覚過敏、性欲低下などの症状が合われてくるようになり、そこから気分変調症を患ってしまうこともあります。しかし躁うつ病や更年期うつ病とは違って軽症なものと考えられており、うつ病の症状のすべてが出てくるわけではないため、精神科や心療内科で診断してもらってから薬を処方してもらい、治療していく方法が主と考えられています。ですが多くの人がなっている病気でもあり、どうすればその症状になってしまう人を少なくすることができるのか、ストレスを軽減させる方法やショックを感じたときに対処できる方法など心理学的な研究も積極的に進められており、病院で診てもらう以外にも普段の生活での生活習慣の中で行なうことができるアロマセラピーやマッサージなどのような療法を広めている専門家も増えてくるようになってきています。

普段の生活での治療法

抑うつ神経症をさらに軽減させるためには、病院で診てもらう以外にも生活の中で自分で行なうことができる療法を行なっていくことが必要と先ほども述べました。サロマセラピーやマッサージなど、ほかにもヒーリング音楽や旅行をすること、ガーデニングで自然に触れること、森林浴など、うつ病は脳をリフレッシュさせることで症状への負担を軽くさせることができるようになります。中でも森林浴は本当に脳にかかる負担を軽減させることを脳の研究をしているグループが発見し、発表されたことがありました。ガーデニングをしたり家の中に観葉植物を置くことで気持ちを軽くさせることができるということです。最近でラベンダーの香りをアロマセラピーとして利用するのが人気を呼んでいたりします。ラベンダーにはストレスを緩和させる効果があるのです。ラベンダーの香りに限らずアロマセラピーには脳への負担を軽減させる効果があることで多くの人が利用し、人によっては快眠を誘うことができることから利用する人もいたりするほどです。抑うつ神経症はうつ病の中でも軽症だといわれていましても病気のようなものです。症状は病院で診てもらうことでどのように治療していくのかわかっていくようになります。そして治療をしていきながら生活にストレスやショックを受けるような状況を避けられるように、脳に負担をかけずにすることができる療法を行っていくことで早く症状を治していくことができるようになっていくのです。早く治すことができるようにするために普段の生活の中でも療法が必要となるのです。