個人での精神病の予防方法

診察

病気の原因を探る

うつは現在日本国内において患者数が増えている病気のひとつです。今から50年ほど前の昭和時代半ば頃には、精神病というといかにも非社会的な人物像のような誤解されたイメージがありこうした誤解された印象もある事からも、見かけ上の精神病の患者数は今ほどではなかったと言われています。実際には現在の精神病やうつの基準を当時の人々に当てはめて考えてみると、当時から精神病の患者数はそれなりにあったものと考えられています。しかし近年では情報化社会の進展によって精神病の具体的な定義が広く認知されてきているほか、経済状態の不安定な時代が続いている事に加え、家族との希薄化など様々な面において精神病と向き合う機会は増えてきています。うつもその精神病の中のひとつであり、うつ状態が長く続いてしまうと身体に異常を来してしまう事があるほか、人間関係のトラブルが悪化することで社会的損失を招いてしまうことも少なくありません。そうした悪循環を引き起こしてしまう事がさらに自分自身の性格的な自信をなくしてしまい、環境悪化を招いてしまうのです。悪循環を断ち切るために、普段から家族との連携を強化しておく事が大切であると言えるでしょう。精神病は多くの身体的不具合とも連携している病気であると考えられており、例えば栄養のバランスが整っていない環境で生活を続けているだけで、攻撃的・威圧的な性格になりやすくなる場合もあります。これは栄養バランスの偏りや栄養不足によって人間の臓器の不具合が生じていたり、神経伝達物質の量が過度に増減を繰り返してしまう、あるいは血圧の状態が異常になってしまうなどといった原因が考えられるため注意が必要です。

病気を詳しく学び対処

精神病の多くは性格的な問題や家族関係とも密接に関わっている病気であるとされており、目に見えない病気でもあるため人々の間で誤解されやすくまた偏見が生まれやすい病気のひとつでもあると言えるでしょう。たとえば、近年話題になっているいじめ問題などは精神病と深く関わっている問題と考える専門家の意見もあります。専門家の著書によるところでは、突然イライラして暴れる子供が砂糖を摂取するとおとなしい性格になるという事実から、子供に砂糖を多く摂取させる親がいます。しかしこれは栄養の偏りからさらに精神不安定を引き起こしてしまうと意見されている専門書もあり、こうした記事からも人間の栄養素と精神状態、あるいはいじめ問題などとは間接的に関わっているとも考える事ができると言えるでしょう。家庭環境が不仲などで悪化してしまうと、どうしても栄養状態の偏りが発生してしまったり、様々なストレスを抱え込みやすくなってしまいます。家庭環境の悪化による悪循環がいじめ問題とも関係しているという教育関連著書も良く目にしますが、同じように精神病と結びついている大切な要素であると言えるでしょう。このような情報を閲覧していると精神病は対処がしづらい病気とか、面倒な病気であると感じる人も少なくないかもしれません。しかし精神病はむしろ誰しも患う可能性のある病気で、職場で人気のある人がある日突然退社し、うつ病を患ってしまったなどという話もインターネットの掲示板などで見かける事があります。また「産後うつ」など一見すると幸せである立場の人がうつ病を患ってしまうという場合もあるのです。病気の原因を正しく知る事が予防や改善のために重要なポイントであると言えます。